親の家や土地を売るか貸すか~みんなどうしてるの?

親の家を相続した後、どのようにしたらいいか気になったりしませんか?親と同居していたりすれば、そのまま住む選択肢もありますが、過疎化により、地方から都心部へ行き、別々に生活している人がほとんどだと思いますので、今後どのようにしていけばよいかわからない!決めかねている方も多いのではないでしょうか?

都心部で仕事をしている方などで、すでにマンションや一戸建てを購入している場合、親の家に住むという選択肢は現状考えられないと思います。

相続してそのままにしておくと税金がかかりますし、維持管理もしなければいけません。そこでみんな考えるのが「売る」「貸す」の選択ではないでしょうか?

親の家を「売る」のか「貸す」のか?どうするのがいい?

親の家を売る

もしも、すでに自分の家があり親の家に今後住む可能性がないなら、売却という選択肢が良いと思います。ただし、親の家を売るのは気持ち的にどこか寂しい気もしますし、育った環境なら尚更、考えてしまうと思います。その為、兄弟であったり、親戚など、近い関係の方と相談した上で決めるべきですが、その前にまずは、自分で情報を集める事をオススメします。

兄弟や親類に相談する機会はそんなに作れないはずですので、集まる機会があった時に色々話せるように情報を集めておいた方が話しがスムーズに進む為です。

情報を集めるなら不動産屋に相談するのが一番ですが、その地域に住んでいない、仕事の関係で時間が取れない事もありますので、インターネット上の不動産一括査定の利用をオススメします。一括査定する事で複数会社の査定額が簡単に集まりますし、相談する不動産屋を探す手間も省けます、しかも、査定サイトの登録には厳しい審査に通過する必要があるため初めから優良企業に査定依頼が可能です。

まず必要な情報は親の家がいくらで売れるか知る事ですので一括査定サイトを利用する事で、大手、地元の不動産のなから複数の会社に一括で査定依頼し査定してもらえます。

業者によっては査定額が異なりますが、大体の相場を知る事ができます。また、売却する際には不動産屋と契約して仲介してもらうことになるので、どの業者にお願いするかも査定額などを考慮して選べるので手間がかかりません。

どの一括査定サイトを利用するかは、NTTデータなど信頼できる大手企業が運営している一括査定サイトなど、数社紹介している「不動産一括査定サイト 7選」を参考にすると良いと思います。

親の家を貸す

親の家を貸す選択も当然あります。

実際に私も、田舎にいた頃、空き家になっていた一軒家を賃貸した経験があります。家主さんは遠方に住んでおり、管理もできない為、誰か住んでくれる人を探していたみたいで、たまたま私も探している最中で借りる事になりました。家主さんの親の家のようで、亡くなった後、そのままになっていたのですが、空き家状態よりも誰かに住んで欲しいという事、そのまま維持しても固定資産税がかかる事を考え賃貸にだす選択をしたようです。

家主さんがとても良い方で、固定資産税分くらい利益が出ればよいとの事で、とても格安で借りる事ができました。

親の家を相続などした場合、これまで親が支払っていた固定資産税などの税金を支払わなければいけません。親の家に住む場合は良いですが、自分の家を購入していたりなどした場合、住む事は難しいですし、遠方に住んでいるため、管理が出来ない人も現在では多いと思います。いずれは住みたいと考えていたとしても、そのままにしていると老朽化しますし、誰も住まないと痛み具合が心配になります。

色々と考えると、もしいずれ住む可能性があるなら、賃貸にだす選択肢が一番良いと思います。家賃については固定資産税さえ支払えれば良いと考えて安くするのもありだと思いますし、利便性の高い地域の物件なら、周辺賃貸相場と照らし合わせて家賃と決めても良いでしょう。

まとめ

いずれにしても、基準は「今後自分がどうするか」です。今後住む可能性がない場合は売却した方が良いとは思いますが、思い出のある家を売る事は簡単ではない部分があります。とはいえ、空き家の増加は各地で問題になっており、行政も動き出しています。一定期間そのままにしておくことは勿論選択肢の一つではありますが、家の状態が悪い場合など、倒壊の危険、近隣住民への影響も考えておく必要がある家もあるはずです。

総合的に考えて更地にしておくなどの方法もありますし、需要のあるエリアであれば、土地を貸す、駐車場を作るなど、色々と方法はあります。 もしも、どのようにしていいかわからない場合は、不動産会社に売却、賃貸、土地活用などを含め、相談にいく事をオススメします。もちろん自分で調べる事も大事です。